よく株初心者は仕手株にのってしまい損失を生み出してしまいがちです。しかし、仕手株と分かっていれば、損失を防ぐどころか収益を得ることも不可能ではありません。

日本のお金

仕手株とボロ株の関係

笑顔の女性

株式投資を楽しんでいくには、多様な銘柄の中から自分にとって最適な銘柄を選び、様々な投資戦略を考えて投資を行っていく事が大変重要となります。
その中で仕手株は、一部の方に人気のある大変稀有な株です。
仕手株は一般の投資家にとって大変リスクの高い銘柄ではありますが、上手く扱えば自分の投資に活用する事もできます。
また株価が100円を下回るような株をボロ株といいます。
ボロ株は、株価水準が低くボロ株になりやすい業種の企業や倒産リスクなど何かしらの問題を抱えた企業に多い銘柄です。

時には短期間で大きな利益を上げる事を考えることも、株式投資を行っていく上では当然重要な事となるのですが、知識のない状態で安易に仕手株などに投資することは大きなリスクを伴います。
仕手株の特性をしっかりと理解することで、自分の投資を積極的に楽しみ運用していく事ができるのです。

仕手株には、冒頭で説明したボロ株と呼ばれる銘柄を標的に選ぶことが多い、という特徴が挙げられます。
人気のある高値の銘柄ではなく低位株やボロ株が突然上昇を始めるなど、人気のない銘柄が突然大きな値動きを始めた時は仕手株の可能性があるため要注意であり、その値動きを見張る事が重要となります。
短期的に想像を超えるような値動きをする事があるため、このような銘柄に遭遇した場合、買いのタイミングはスピーディーに購入を行い売却のタイミングをしっかりと考えていく事が大切でしょう。

売買のタイミングをきちんと見計らって急激な相場の変動に対し、臨機応変に対応する事で大きな損失を被る事を避ける事が可能となるのです。
仕手株で取引を行っていく際には是非、このような点に注意を払って安全な取引を行っていきましょう。

関連記事